一戸建てで人気の給湯システム

光熱費の中で、最もウェイトを占めているのが給湯です。
冬はガス代が高くなりますが、これは給湯にかかるエネルギーが増えるためです。

伊勢の一戸建てを知るならこのサイトです。

熱いお湯を沸かすためにはより多くのエネルギーを使いますので、風呂の温度が高くなる冬になると、ガス代が上がるという仕組みです。

一戸建てを中心にオール電化、太陽光発電などが増えてきていますが、給湯にかかるエネルギーをいかに抑えるかが、光熱費抑制の鍵になることは変わりありません。太陽光発電を導入すると、電気を自家発電できるようになりますので、オール電化にするとお得です。

発電した電気を家で使うことができ、余った電気は買い取ってもらえます。

給湯は今でもガスが主流ですが、オール電化にするとガスは使えませんので、電気式給湯器を導入することになります。

中でも現在人気があるのは、空気の熱をお湯を沸かすエネルギーとして利用する高効率給湯器です。

貯湯タンク等を設置する必要がありますので、庭のある一戸建てで主に使われています。

まとまった初期費用はかかりますが、1度導入してしまえば、安い深夜電力で沸かしたお湯をタンクに貯めて、電気代の高い昼間はタンクのお湯を使えるため、電気代を抑制することができます。



オール電化ではなく、庭にほとんどスペースがないような一戸建てでは、ガスを使った高効率給湯器がおすすめです。



省スペースで設置でき、必要な時に必要な分だけお湯を沸かす仕組みですので、無駄がありません。

お湯を使う量が少ない家庭なら、充分に節約できます。